中村橋の眼科 みちくさ眼科中村橋|眼科 中村橋 練馬区

みちくさ眼科中村橋 眼科 中村橋 練馬区

練馬区中村橋の眼科 みちくさ眼科中村橋のネット予約はこちら

友だち追加

練馬区中村橋の眼科 みちくさ眼科中村橋の診療時間は月~金 9:00~12:30 14:30~18:00、土 9:00~12:30 休診日は木曜、土曜午後、日曜、祝日

練馬区中村橋の眼科 みちくさ眼科中村橋の電話番号は03-5848-8370

練馬区中村橋の眼科 みちくさ眼科中村橋は中村橋駅より徒歩1分

目の表面は常に涙で覆われていますが、通常量であれば目からあふれてこぼれることはありません。

泣いた時には涙が多くなるので、目からあふれてしまいますが、同時に鼻水が沢山出た経験がありませんか?

涙は通常、目から鼻に流れて出ていきます。

目と鼻を繋ぐ管を鼻涙管(びるいかん)と言います。

原因

泣いていないのに目から涙がこぼれてしまうと、不便ですね。

このような時、涙腺で涙を作り過ぎているか(涙液分泌過多)、涙が鼻に適切に排出されていないことが考えられます。

涙が増えてしまう状態で多いものは、結膜炎、特にアレルギー性結膜炎や、ドライアイです。

ドライアイは涙が減るものと思われがちですが、刺激に弱くなるので反射的に涙が出やすくなります。

ただし、その涙は適切に目の表面に留まらずに流れてしまうため、目の表面はまたすぐに乾燥してしまうのです。

また、鼻涙管やその手前の涙小管が詰まったり、細くなってしまっても涙があふれやすくなります。

さらに、涙小管の入口である涙点という穴(排水溝をイメージしてみてください)に適切に涙を送れない場合にも、涙があふれてしまいます。

加齢に伴う結膜弛緩症(白目にシワができる)が代表的です。

先天性鼻涙管閉塞

これとは別に、新生児の時から常に涙が出ている、先天性鼻涙管閉塞というものがあります。

流涙と眼脂(めやに)があることが特徴です。

生まれつき、鼻涙管の鼻への出口が開いていないことが原因です。

1歳ごろまでに自然に治る場合も多いですが、治らずに処置を必要とすることも珍しくありません。

このページの先頭へ戻る