中村橋の眼科 みちくさ眼科中村橋|眼科 中村橋 練馬区

みちくさ眼科中村橋 眼科 中村橋 練馬区

友だち追加

練馬区中村橋の眼科 みちくさ眼科中村橋の診療時間は月~金 9:00~12:30 14:30~18:00、土 9:00~12:30 休診日は木曜、土曜午後、日曜、祝日

練馬区中村橋の眼科 みちくさ眼科中村橋のネット順番受付ができます

練馬区中村橋の眼科 みちくさ眼科中村橋は中村橋駅より徒歩1分

医師紹介

ご挨拶

この度、練馬区中村橋にみちくさ眼科中村橋を開院します、岩佐真弓と申します。よろしくお願い致します。

私は東京都西部の自然豊かなところで生まれ育ち、大人になってからは主に23区内に住んでいました。

都心部にも郊外にもなじみがある私にとって、どちらの性格も併せ持つ練馬区は、居心地の良い場所に感じられます。

研修医を終えて眼科医になってからは、専門病院である井上眼科病院を中心に勤務し、特に神経眼科や斜視の治療に力を入れてまいりました。

一般的な眼科の診察に加えて神経眼科のトレーニングができたことで、全身の病気と関係する様々な眼症状のご相談にのることができたのは良い経験となりました。

また、子育ても経験中で、お子様の診察にも役立てることができていました。

眼に限らず、体の病気は治るものばかりではありませんが、患者さんと一緒に笑顔になれることは大きな喜びです。

笑顔になれる人が世の中に増えるようにと心から願っており、医療以外にも視野を広げて学び続けています。

特に、体の健康に留まらないウェルビーイングを実現する場を作っていきたいと思っています。

みちくさするように、明るく気軽に受診できるクリニックを目指していきますので、宜しくお願いいたします。

みちくさ眼科中村橋
院長 岩佐真弓

資格

  • 医学博士
  • 日本眼科学会 眼科専門医
  • ボトックス講習・実技セミナー修了
  • 日本神経眼科学会 神経眼科上級相談医

経歴

  • 東京大学 医学部医学科 卒業
  • 青梅市立総合病院 臨床初期研修医
  • 井上眼科病院 後期研修医
  • 順天堂大学医学部附属浦安病院 眼科
  • 井上眼科病院 医局
  • 関東の複数の眼科医療機関に勤務
  • 北里大学 眼科 非常勤講師
  • みちくさ眼科中村橋 開院

論文

  • 岩佐 真弓、井上 賢治、岡山 良子、増本 美枝子、石田 恭子、富田 剛司『防腐剤無添加ラタノプロスト点眼薬での点眼瓶の改良前後の使用感』
    臨床眼科(0370-5579)71巻1号 Page115-119(2017.01)
  • 岩佐 真弓、塩川 美菜子、 山上 明子、井上 賢治、若倉 雅登『高齢発症のレーベル遺伝性視神経症14症例の検討』
    神経眼科(0289-7024)35巻1号 Page55-58(2018.03)
  • 岩佐 真弓、 南雲 はるか、引田 俊一、山上 明子、田尻 美香、河本 ひろ美、 井上 賢治、若倉 雅登『眼瞼けいれん、片側顔面けいれんにおけるボツリヌス治療効果の比較』日本眼科学会雑誌(0029-0203)122巻12号 Page905-911(2018.12)
  • Mayumi Iwasa, Masato Wakakura, Hiromi Kohmoto, Sonoko Tatsui, Hitoshi Ishikawa.Clinical Features of Crowded Orbital Syndrome on Magnetic Resonance Imaging.Neuroophthalmology. 2021; 45(2): 87–91.Published online 2020 Jul 16. doi: 10.1080/01658107.2020.1767153

解説

  • 岩佐真弓(2018)「非典型的視神経炎とは」『イチからはじめる神経眼科診療(MB OCULISTA)』全日本病院出版会
  • 岩佐 真弓(2018)「斜視、白内障、神経眼科 神経眼科 高齢者の甲状腺眼症の特徴と治療方針について教えてください」『あたらしい眼科 加齢性疾患への対応Q&A』メディカル葵出版
  • 岩佐 真弓、山上 明子(2019)「中途失明の可能性のある疾患とその検査/治療 視神経・視路 虚血性視神経症の診断と治療について教えてください」『あたらしい眼科 Vol.36臨時増刊号(2019) 中途失明の可能性のある疾患Q&A』メディカル葵出版
  • 岩佐真弓(2020)「VI 神経眼科 6.眼窩筋炎」『眼科救急疾患2020』金原出版
  • 岩佐真弓(2021)「眼瞼痙攣の診断とボツリヌス治療の実際」『形成外科 2021年6月号』克誠堂出版
  • 岩佐真弓(2021)「眼窩窮屈症候群」『神経眼科』日本神経学科学会
  • 岩佐真弓(2022)「頭痛をきたす眼科疾患」『頭痛を診る-耳鼻いんこう科外来でのpitfall- MB ENTONI No.268』全日本病院出版会
  • 岩佐真弓(2022)「眼瞼下垂と外眼筋炎」『眼科グラフィック 2022年2号 特集:開業医が見逃してはならない外眼部疾患』メディカ出版
  • 岩佐真弓(2022)「薬剤性眼瞼けいれん、症候性眼瞼けいれんへの対応」『放っておけない眼瞼けいれん―診断と治療のコツ―』全日本病院出版会
  • 岩佐真弓(2023)「(第6章)外眼部と斜視 アイスパックテスト」『今さら聞けないことをあえてベテランに聞く 外来処置・小手術で求められる手技のコツとこだわり』メディカ出版

院内紹介

現在準備中です。

このページの先頭へ戻る