中村橋の眼科 みちくさ眼科中村橋|眼科 中村橋 練馬区

みちくさ眼科中村橋 眼科 中村橋 練馬区

友だち追加

練馬区中村橋の眼科 みちくさ眼科中村橋の診療時間は月~金 9:00~12:30 14:30~18:00、土 9:00~12:30 休診日は木曜、土曜午後、日曜、祝日

練馬区中村橋の眼科 みちくさ眼科中村橋のネット順番受付ができます

練馬区中村橋の眼科 みちくさ眼科中村橋は中村橋駅より徒歩1分

皆さまが「視力が落ちた」と感じるのは、どのような時でしょうか。

  • 遠くの文字が見えにくい時
  • 眼鏡やコンタクトレンズが合わない時
  • 細かいものが見えにくい時

きっと、それぞれにとって「視力が落ちた」と思う場面は異なりますが、多くは「見えにくい」と感じた時に「視力が落ちた」と思うことでしょう。

実は、「視力」という言葉ほど、患者さんと眼科との間で捉え方が異なる言葉はありません。

というのも、視力が落ちたと感じる状態は人それぞれであり、さらに眼科で行う視力検査は、子どもの時から受け慣れている個人の能力を測るような視力検査とは異なり、病気を見つけるための重要な方法だからなのです。

遠くの文字が見えにくい時

眼鏡やコンタクトレンズを使わない状態を「裸眼」といいます。

裸眼で遠くの文字がしっかり見える方は、視力が良いと感じていらっしゃることでしょう。

しかし、裸眼ではよく見えなくなってくる場合があります。

近視や乱視、遠視など、屈折の異常があると、裸眼では遠くが見えにくくなりやすいのです。

ここで、遠視は「遠くが見える目」と思われていることがありますが、遠視というのは「近くよりは遠くのほうが見えやすいものの、どこを見るにも調節力を使って見るため、ぼやけやすい目」です。

眼鏡やコンタクトレンズを使えば遠くが見えやすくなるのか、それとも目の病気で見えにくくなっていて眼鏡やコンタクトレンズでの矯正ができない状態なのかは、視力検査と診察で判断します。

眼鏡やコンタクトレンズが合わなくなってきた時

近視や乱視、遠視の度数が変化して合わなくなってきた場合や、眼鏡・コンタクトレンズ自体が古くなって見えにくくなっている場合、眼鏡やコンタクトレンズで矯正ができないような目の病気が出てきた場合などがあります。

また、度数は変わっていなくても、老眼が出てくると、ピントが合う範囲が狭くなります。

具体的には、遠くにはピントが合うのに近くには合わない、ということが起こります。

遠くと近くとどちらを見た時に困るのかを確認していただくと、お困りの症状を共有しやすくなります。

病気の有無は視力検査と診察で判断します。

細かいものが見えにくい時

手元の細かいものが見えにくくなっている時、老眼の対策をすることが多いです。

細かい対象物をできるだけ拡大して見るために目を近づけてみようとすると、今度は近すぎてピントが合わず困ることがあります。

近く用の眼鏡や拡大鏡を使って見えやすくします。

急な視力低下

目の病気の中には急に視力が下がるものがあります。

遠くにも近くにも突然ピントが合わなくなり、視界がゆがむ・一部が見えにくい・かすむ・痛みがある・二重に見える、など、経験のないような見えにくさがあるときは、目の病気が出ている場合も多くあります。

このような時には視力検査を含めた目の検査と、診察が必要となります。

目の調子の悪い時に視力検査を受けたくないと感じる方もいらっしゃいます。

視力検査とは本来のその方の能力を測っているのではなく、視力の数値や度数の変化をもとに病気を推定するための資料なのです。

見えづらい時こそ、その時の視力を測ることが大切です。

このページの先頭へ戻る