中村橋の眼科 みちくさ眼科中村橋|眼科 中村橋 練馬区

みちくさ眼科中村橋 眼科 中村橋 練馬区

友だち追加

練馬区中村橋の眼科 みちくさ眼科中村橋の診療時間は月~金 9:00~12:30 14:30~18:00、土 9:00~12:30 休診日は木曜、土曜午後、日曜、祝日

練馬区中村橋の眼科 みちくさ眼科中村橋のネット順番受付ができます

練馬区中村橋の眼科 みちくさ眼科中村橋は中村橋駅より徒歩1分

白い壁や空などを見た時に、糸くずや黒い点のようなものが見えることはありませんか。

一般的にこれらの症状を、飛蚊症(ひぶんしょう)と呼びます。

飛蚊症とは

飛蚊症は、目の中の硝子体というゼリー状の組織の濁りが影絵のように網膜に映し出されて自覚されます。

硝子体は、眼球断面図の青の部分です。

濁りには、病気ではない生理的なものと、疾患に関係するものがあります。

急に飛蚊症が増えた時には、注意が必要です。

原因

後部硝子体剥離

中年期になると、硝子体が網膜からはがれてきます。

これを後部硝子体剥離と呼びます。

視神経とくっついていた場所はドーナツのような形の濁りになりやすく、これが網膜から剥がれて浮くと、強い混濁を意識するようになります。

後部硝子体剥離自体は病気ではなく、年齢的な変化ですが、この時に網膜に穴が開いたり(網膜円孔、網膜裂孔)、その穴から網膜が剥がれたり(網膜剥離)、出血を伴う場合があります(硝子体出血)。

そのため、急に飛蚊症が増えた時には、眼科で眼底検査を受け、病的な変化がないかどうかを確認することが重要です。

その他の原因

後部硝子体剥離に伴う飛蚊症以外にも、ぶどう膜炎のように炎症による混濁で飛蚊症を自覚する場合や、他の疾患による硝子体出血の場合もあります。

症状が気になる時は受診しましょう

また、後部硝子体剥離が起こる前の若い世代でも網膜剥離になることもあります。

症状で自己判断することはできないので、飛蚊症が気になった時や増えた時は眼科を受診しましょう。

このページの先頭へ戻る