中村橋の眼科 みちくさ眼科中村橋|眼科 中村橋 練馬区

みちくさ眼科中村橋 眼科 中村橋 練馬区

友だち追加

練馬区中村橋の眼科 みちくさ眼科中村橋の診療時間は月~金 9:00~12:30 14:30~18:00、土 9:00~12:30 休診日は木曜、土曜午後、日曜、祝日

練馬区中村橋の眼科 みちくさ眼科中村橋のネット順番受付ができます

練馬区中村橋の眼科 みちくさ眼科中村橋は中村橋駅より徒歩1分

視野の真ん中が見えにくいことはありませんか?

人間の眼は、視野の中心部が最も視力がよく、周辺にいくほど視力が低いようにできています。

そのため、視野の中心部が見えにくいと、視力低下に直結します。

また、その視力低下は眼鏡やコンタクトレンズで矯正が効きません。

原因

中心が見えにくい原因は様々ですが、以下のような原因が考えられます。

  • 黄斑(網膜の中心)の病気
  • 視神経の病気(緑内障も含む)
  • 目の中心近くに濁りがある(真ん中が濁るタイプの白内障、硝子体混濁が中心付近にある、など)

黄斑の病気

加齢黄斑変性、中心性漿液性網脈絡膜症、黄斑浮腫、黄斑上膜などがあります。

OCT(3次元画像解析)を用いて診断します。

歪んで見える、中心が黒く見える、ものが大きく・または小さく見えるといった症状が多くあります。

視神経の病気

視神経の病気の多くは、中心部が見えにくくなります。

緑内障も視神経の病気であり、その多くは鼻側の視野から欠けていきますが、中心部から欠ける場合も稀にあります。

緑内障以外では、視神経炎、レーベル遺伝性視神経症、圧迫性視神経症などがあります。

当院では、視野検査、中心フリッカー値、OCT(3次元画像解析)を用いて検査を行います。

また、視神経の病気では眼球の裏側や脳をMRIで確認することも重要です。

当院は徒歩圏内に画像診断専門クリニックがありますので、MRI検査の紹介もスムーズです。

目の中心付近に混濁がある

白内障や角膜混濁、硝子体混濁の中には、中心付近が見えにくいものがあります。

細隙灯顕微鏡や眼底検査で確認します。

このページの先頭へ戻る